Q & A

qa%e7%94%bb%e5%83%8f

Q:フードバンク活動が地域に根差す意義はどこにありますか?
A:寄贈される側も受贈される側も地元のため、時間的にすぐ対処できますし、顔がみえるという安心感があります。また、連携も密に行えるという利点があります。

食品寄付について

Q:少しの量でも寄付できますか?
A:少量でも充分受け取りが可能です。

Q:賞味期限が切れたり、開封してしまった食品は寄付できますか?
A:できません。また、支援を望む方にお渡しする食品ですので、基本的に1ヵ月以上賞味期限がある食品の寄付をお願いしております。

Q:野菜や果物の寄付はできますか?
A:生活困窮者の方においてはとても喜ばれる食材ですので、農家の作付け野菜や果物は寄付をお受けいたします。個人や食品関連企業・小売業者からの野菜・果物につきましては、ご相談に応じさせていただきます。

Q:食中毒等が発生した場合の責任の所在、また、対処方法は?
A:提供された食品で食中毒や体調不良など 健康被害が生じた場合には、速やかに当フードバンクにお知らせ下さい。そのような事態が起きた際は、以下のように対策を講じます。
① 原因調査及び以降の再発防止に役立てるため、該当食品を引き取りに伺いますので、スタッフにお渡しいただけますでしょうか。なお、健康被害があった際には、医療機関にて適切な処置を施してください。
② 事故詳細状況の確認を行うとともに、対象食品の全ての配送先及び食品寄付者に事故情報を伝達します。各施設においては該当商品に手をつけないよう、施設利用者の確認などにご協力をお願いいたします。
③ 事故発生食品及び他施設配送分の同食品未使用分を全て配送先より回収します。
④ 事故原因の調査・報告を行い、事後の対応を関係者と協議すると共に再発防止策について関係者と協議します。

Q:フードバンクに寄付金や食品の寄付をした場合の税制上の優遇措置はありますか?
A:以下のURLをご参照ください。
www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/foodbank/pdf/foodbankzeisei.pdf

Q:寄付した食品の提供先を知ることはできますか?
A:ご要望があれば、個人情報を含まない範囲での提供記録を提出することができます。

Q:衣類や日用品など食品以外の寄付はできますか?
A:基本的に食品のみを扱っておりますが、お子さんのいる生活困窮者にとっては、文房具等はとても有用ですので、寄付をお受けしたいと思います。

寄付金について

Q:寄付に対して領収書は発行してもらえますか?
A:現金でのご寄付の場合は、領収書を発行いたします。銀行振込によるご寄付の場合は、振込控えを以て替えさせていただきます。

Q:銀行振込に当たって、金融機関に支払う振込手数料はどうなりますか?
A:ご寄付いただく金額から差し引いていただいて結構です。

Q:寄付した金額は、寄付金控除の対象になりますか?
A:ご寄付は税額控除の対象となりませんのでご了承ください。

ボランティアについて

Q:ボランティア募集に際し、説明会等は開いていただけますか?
A:ある程度スタッフが集まった段階で開催させていただきます。

自治体連携について

Q:自治体側とフードバンクTAMAの情報の共有化はどのようになされますか?
A: 定期的な会合をぜひ開きたいと思います。また、今後、SNSを利用した情報の場を設けたいと考えております。

Q:個人情報の保護については、どのように対応しますか?
A:情報の漏えい防止は最も厳守すべき問題のため、厳重に取り扱います。

Q:現在、地域にはフードバンクTAMA以外にフードバンクが存在しています。補助金の問題や協議の場を考えると統合してほしいと思いますが、いかがでしょうか?
A:フードバンクは理念や想いはそれぞれあると思いますので、統合は将来的な課題かと考えております。それよりも、各フードバンクがそれぞれ知恵を出して活動をするべきかもしれません。ただし、フードバンク活動自体は、合同の会議の場で意見交換や行政側の説明を受ける場も必要であると考えております。


2016/12/03