真心からの寄附金は、子供たちの食支援活動に!

皆さまからの寄附金に感謝!
寄附金は、子どもたちへの食品配布のための
運搬費や受贈では手に入らない必須の食材費購入等に有効に使わせていただきます。

ABOUT

寄贈食品は、児童福祉施設等の子供たちへ!

食品ロス=棄てるという選択から再利用するという選択が企業価値を高め、
同時にひとり親家庭等への支援に!
寄贈された場合は、食品の帳簿価額と配送費を損金として算入できます。

ABOUT

子供支援 & 顔の見える支援がモットー!

児童福祉施設、子ども食堂、ひとり親家庭への
食品支援を私たちは行っています。
その際、 ニーズ等を伺いながら顔の見える支援、 血の通った支援を心掛けています。

ABOUT
TEL:080-6814-3657
contact access 協賛企業一覧 Q&A facebook Twitter

特色ある活動

児童福祉施設、子ども食堂、ひとり親家庭に定期的・ 安定的に食品を配布する子どもに特化した支援を行っています。その際、 ニーズ等を伺いながら、顔の見える支援、 血の通った支援を心掛けています。

ABOUT

食品の寄付

企業・団体様の規格外食品、農家様の作り過ぎの野菜や果物、また、ご家庭でのお中元・お歳暮などで使いきれない食品がある場合は、どうか寄贈をお願いします。

ABOUT

子ども応援プロジェクト

ひとり親家庭の子どもたちに様々な食品をお届けしています。夏休みにはお菓子入りの袋、冬休みにはクリスマスケーキを送るなどの支援を続けています。子どもたちの喜ぶ姿=私たちの最高の歓びです!

ABOUT

活動内容

「今日、食べるものがない」と「食料ロス」の2つの問題を関連付け、その解決の一助として、食料を食品関連会社や個人の方々から寄贈していただき、ひとり親家庭等へ提供します。

ABOUT

これまでの活動

皆様のご支援・ご協力で「必要な人のために」をモットーに活動を展開中。食品を食品企業やご家庭から寄付いただき、それを児童福祉施設、子ども食堂、ひとり親家庭等に無償提供しています。

ABOUT

シンポジウム

これまで小田川華子氏(東京都立大学)、米山惠子氏(フードバンク山梨)、湯浅誠氏(法政大学)、山本大樹氏(共同通信社)等に基調講演として、子どもの貧困について語っていただきました。

ABOUT

活動記録

毎月、受贈・提供食品情報・その他の活動記録を掲載しています。また、折々のお知らせ情報やトピックな情報配信を行っております。ご覧いただければ幸いです。

ABOUT

ひとり親家庭・子ども食堂等への食品寄付

多摩地域の合計80の児童福祉施設や子ども食堂、また、ひとり親生活困窮家庭などへ、食品を毎月提供しております。

ABOUT

受益者からのコメント

「お菓子や調味料が嬉しいです。お菓子は家の経済状況によって買えない時もあるので宅配で送られて  きた時には親子で喜びました」など、沢山の声が届いております。

ABOUT

フードドライブ

お歳暮等の未開封・未使用の食品が、子ども食堂やひとり親生活困窮家庭等に届けば、「今日を元気に過ごすための命を繋ぐ食べ物として、とても大切なもの!」に変わります。

ABOUT

日野市フードパントリー

日野市在住のひとり親生活困窮家庭や失業・減収などの経済的理由で、食料支援を必要としている個人・家族を対象に、社会福祉協議会・社会福祉施設を通じて食品を提供しております。

ABOUT

自治体連携

日野市社会福祉協議会との連携協定、立川市・町田市・多摩市・昭島市・稲城市社会福祉協議会とは確認書を取り交わして連携活動を実施しております。

ABOUT

法人概要

NPO法人フードバンクTAMAは平成28年9月に設立。少人数の役員とボランティアスタッフが運営しています。
企業・団体・個人から食品を寄贈いただき、子ども食堂やひとり親生活困窮家庭等に提供しています。

ABOUT

理事長挨拶

NPO法人フードバンクTAMAは、多摩地域において、フードバンク活動を展開しています。是非ご協力をお願いします。

ABOUT

日本の食問題

日本では食品廃棄物が年間522万トンも発生しており、そのうちの275万トンが事業系、247 万トンが家庭から出た食品ロスであると報告されています
(令和2年度推計値)。

ABOUT

刊行物一覧

これまで、年次報告書、ミニパンフ、会報、ちらし、ポスターを刊行してきました。全てPDFファイルで開示しております。

ABOUT

PAGE TOP