活動内容


フードバンクTAMAは、「今日、食べるものがない」と「食料の廃棄」の2つの問題を関連付け、その解決の一助として、処分せざるを得ない食料を食品関連会社や個人の方々から寄贈していただき、児童養護施設等へ提供いたします。!
地域で産れ・支援をいただき・食の提供をはかる、こうした地元に根差したフードバンク活動にこだわっていきたいと考えています。なお、フードバンクTAMA活動の全体イメージは、以下の図のようになっています。



食品関連会社・小売業、農家、個人やご家庭からフードバンクTAMAへの食品寄付のお願い

(1)企業や個人の方からの食品の寄付

食品関連会社や小売業、農家、個人の方々に食品の寄付をお願いいたします。

食品関連会社における寄贈のメリット
・廃棄コストを削減することができ、また、CO2削減に貢献できます。
・従業員の方々が食を無駄にしない会社の経営方針に誇りを持ちます。
・企業の社会的責任(CSR)を発揮できます。
※ご協力いただいた企業様につきましては、当ホームページの「協賛企業」ページに明記させていただき、感謝の意を表します。

(2)農家
農家様におかれましては、規格外等の野菜や果物が発生した際には、是非ご提供をお願いいたします。

(3)個人やご家庭
不要になった食品や個人・ご家庭にあるお中元やお歳暮など、おすそわけの精神でご寄付いただけませんでしょうか。

社会福祉協議会等の行政組織とフードバンクの連携

児童養護施設や生活困窮者への食の支援を推進するにあたり、そうした支援を行っている社会福祉協議会等の行政窓口との意見交換や協働作業がぜひとも必要です。今後さらに連携を深めてまいりたいと思います。

児童養護施設や生活困窮者の方々に食品を無償配布する

寄贈を受けた食品はフードバンクTAMAの倉庫で賞味期限別に分け、生活困窮者の方が安全に口に入れられるように管理します。

aki-mikaku002

その食品については、確認書を取り交わした児童養護施設や子ども食堂等にフードバンクTAMAが直接的な提供をいたします。なお、生活困窮者個人に対しては、直接的支援を行わず、フートバンクTAMAと協定や確認書を取り交わした各自治体の福祉担当部署を介しての間接的支援を行っております。従って、個人の生活困窮者の場合は、お住まいの自治体の福祉担当窓口へご相談願います。

Q & A

Q:フードバンク活動が地域に根差す意義はどこにありますか?
A:寄贈される側も受贈される側も地元のため、時間的にすぐ対処できますし、顔がみえるという安心感があります。また、連携も密に行えるという利点があります。

リンク

・フードバンク活動の推進(東京都環境局)
https://www.kankyo.metro.tokyo.jp/resource/recycle/food_waste/foodbank.html
・農林水産省/フードバンク
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/foodbank/#honbun

 

2017/12/11