特色ある活動

未来を担う子どもたちのための支援

フードバンクTAMAでは、 以下のような特色ある取り組みを展開しています。
一般的にフードバンク活動は、 生活困窮者全般へ食品支援を行っていますが、本法人は、 特に未来を担う子どものための支援に力を注いでいます。
① 自治体や社会福祉協議会と連携し、 児童養護施設や子ども食堂等に、定期的・ 安定的に食品を配布していきます。その際、 施設側のニーズ等を伺いながら、顔の見える支援、 血の通った支援を図ります。
② 貧困家庭の子どもへのサポートは、 文具や生活必需品の支援も視野に入れています
③ 子ども無料塾や子ども食堂と連携をし、 貧困家庭の子どもたちが、 学校を卒業して就職を目指すための学習支援・ 自立支援団体を応援いたします。

子どもの貧困問題(参考サイト)

「子どもの貧困」日本の現状は?5分で分かる定義と、貧困家庭の子供の実例(寄付ナビ)
子どもの貧困対策(日本財団)
日本「子どもの貧困率」は7人に1人、求められるのは「貧」だけではなく「困」への対策も
Webメディア・Mugendai(無限大)
先生何か食べるものない?(フードバンクフードバンク山梨)
地域で孤立する子どもの「声なき声」を受け止める(前編)(声なき声プロジェクト)
貧が子どもから奪うものとは、何か?【子どもの貧困】(認定NPO法人フローレンス)
子どもの貧困は42兆円の社会的損失!「こども宅食」が挑む、日本の隠れた貧困問題とは(子ども宅食)
なぜ子供の貧困は見えにくい? それを知らずに「日本の元気なさ」は解決できない(FNN PRIME)

kodomoshokuji

地域密着型の活動

八王子市・日野市・ 立川市・昭島市を中心に地域密着型のフードバンク活動を展開しています。
① 本法人の役割は、食品を提供していただける地元の市民・農家・ 食品関連業者と社会福祉協議会などの行政サイド、 配布先の施設・団体等、 それら三者との絆を構築する地域密着型の活動を展開しています。
② 地域の問題として貧困家庭の子どものことを考え、支援をし、 広報活動も展開していくことが、 効果的な方法であると考えています。
③ こうした地域密着型のフードバンクTAMAの活動は、 地域の絆を構築することにつながっていくと考えています。

%e8%a1%97%e4%b8%a6%e3%81%bf